【A01】WBGパワーデバイスの技術開発動向

またはlog in を使用してこのコースを表示します。

WBG半導体はパワーデバイス用として優位な物性値を有しており、試作されたデバイスの特性は良好である。しかしながら、本格的な量産に向けては課題が山積しており、今後の展開について解説する。

山本 秀和(千葉工大)

 

▼受講メモの閲覧は受講申し込みが必要です

“受講メモPDF_A1【WBGパワーデバイスの技術開発動向】” をダウンロード a01_memo.pdf – 2 回のダウンロード –

レッスン